リースってなんですか?

リース会社がメーカーから設備を購入しその設備の導入を考えている会社に賃貸する取引のことをリースと言います。
資産となる設備の所有はあくまでも購入するリース会社となります。
ですから貸借対照表には計上する必要がなく、オフバランス化が出来ます。
リースの対象となるのは車両、工作用機械、IT関連機器等など殆どの物が対象となります。
リースとレンタルは借りるという点で共通していますが、リースの場合は導入したい設備をリース会社が購入し会社がリース料を払って設備等を使用します。
つまり希望する設備をリース料を払えば使えるという選択の自由度があります。
これに対しレンタルは既にレンタル会社が保有しているものの中からしか選ぶことが出来ず、自分たちが使いたい設備を利用することが出来ません。
リースの注意点は中途解約が出来ない点です。
もし中途解約する場合は残っているリース代金を一括で支払いしなければいけません。
リースのメリットは設備導入時の初期投資が軽減できること、事務管理が楽なこと、オフバランス効果があること。
逆にデメリットは自己資金で購入するよりも割高になること、中途解約できないこと、払い終わっても所有できないこと等が挙げられます。即日でお金借りるなら必見!融資審査のポイント!